岡崎泰葉と一緒に過去/未来の私に会いに行こう

 今日はアイドルマスターシンデレラガールズの岡崎泰葉ちゃんの話をします。

 泰葉ちゃんといえば、元子役/モデルで長い芸歴と高いプロ意識を持つ16歳の女の子ですよね。特に演技に強く、その集大成としてのモバマスでの蒸機公演は多くの注目と評価を集めていました。

 そんな泰葉ちゃんのセリフを振り返ってみて、泰葉ちゃんの物語ってこんな感じなのかなーって仮説を見つけたので自分の記録として残しておきます。

 先にまとめるなら泰葉ちゃんの物語は「過去と未来の私に会いに行く物語」でした。

きっかけ

 始まりは、知り合いのPサンに雑談として「もし岡崎泰葉ちゃんのチュートリアルを作るならどの要素を入れますか?」と聞いたことがきっかけでした。シンデレラガールズは情報が広範囲に散らばってしまっているため、どうしても優先順位をつけないと追いかけにくくなっています。その難点を解消するのが、先人のPサンの知識です。ガイドしてもらえるならこれ以上のことはないと、熱のあるうちに追いかけてみました。

 私が元々好きだった泰葉ちゃんのカードは[プラネットスター]です!

 最終的にモバマスではすべてのカードのセリフとぷちデレラ、デレステではすべてのカードのセリフ、特訓エピソード、メモリアルコミュ、それからススメ!シンデレラロードのエピソードを見ました。モバマスでのアイプロやアイチャレのセリフなんかは追えてないです。

 これからするお話は、もし誰かに岡崎泰葉ちゃんの全体のことについて説明するならこうするかな?というものです。

最初の印象

 私はずっと泰葉ちゃんのお話を「子役/モデルだったときに手に入れられなかった青春を取り戻すための物語」だと思っていました。大人に言われたとおりにするのではなく、泰葉ちゃんが持っているはずの自分らしさを表現できるようになるお話。ひとりの女の子としても、誰かと遊びに行ったり、ちゃんと学校に行ったり、大切な友達ができたりといったものです。暗い方から明るい方へと向かっていく話だとも思っていました。

 改めて読み直してみると、これはひとつの物語のラインです。もっと言えば重要なスパイスであるものの、それが引き立てるメインが他にあるんじゃないかなと私は考えました。今日はそちらのもうひとつのラインについてお喋りさせてください。

 今回は触れることができないのですが、岡崎泰葉ちゃん、関裕美ちゃん、白菊ほたるちゃん、松尾千鶴ちゃん、そしてGIRLS BE NEXT STEP(GBNS)のお話はこれに該当すると思います。これはこれでとても美味しいのです。GBNSで一緒に遊びにいったときのお話は[ガーリーポッシブ]なんかで展開されています。

ヤスハ・イントロダクション

 私は岡崎泰葉ちゃんの物語を「子役/モデルだったときのあの日になにがしたかったのかを確かめる」と「アイドルとして今なにがしたいのかを探しにいく」のふたつで線をひくことができると感じました。

 その物語に必要なパーツは、デレステの初期R、SSR[あの日の私を受け止めて]、それからススメ!シンデレラロードのイベントコミュ(秋色シェア・ハート)、最後にモバマス/デレステでのたくさんのお仕事です。

お仕事が楽しい

 岡崎泰葉ちゃんの物語の序論にあたるのが「子役/モデルだったときのあの日になにがしたかったのかを確かめる」です。

 泰葉ちゃんは子役/モデルだったことを無駄だったとは欠片も思っていません。過去の表現はちょっと暗く聞こえるけれど、アイドルになってからも確かに「あの日の私がいたからこそ」という気持ちを感じることができます。じゃあ、どうして転身してアイドルになろうとしたのか。それは「やりたかったこと」が分からなくなってしまったからです。

 それを端的に示してくれるのがデレステの初期Rの特訓前と特訓後です。デレステのメモリアルコミュはここを丁寧に説明しているので、最終的には同じ結論を聞くことができます。

 あの日の私はなにがしたかったのか、もっと言えば、どうして今まで芸能界で生きてきたのか。その答えは「誰かを笑顔にすること」が「やりたかった」からです。そしてそれは元々泰葉ちゃんが持っていて、思い出せなくなってしまっただけ。だからもう一度確かめましょうというのが物語として感じられました。

 最初は、親や誰かに笑ってほしくて……それだけでした。それだけのために、頑張ってきたんです。ステージや歌声が思い出させてくれるんです。今もう一度、あの頃の私に会いに行くような……そんな心地です。

デレステ 初期R 特訓前 親愛度MAX

 泰葉ちゃんが「楽しめること」と表現するものは、具体的には「やりたかったこと」として置き換えられると感じました。「楽しめる」と表現すると大事なことがぶれてしまうような気がするんですよね。子役/モデルのことがなんにも楽しくなかったみたいに聞こえますし(間違ってはいないんだけど)。

 泰葉ちゃんは答えを「思い出した」んですよ。これは子役/モデルのときのことをなにも否定しない優しい表現でした。初期R特訓前の親愛度セリフにある「あの頃の私に会いにいく」というのがぐっときます。そして特訓後のルームセリフである「私にとって楽しいこと…やっぱり、お仕事でした」というのもこれを裏付けてくれています。

 デレステでは初期Rにすべてが詰まっているように見えますが、実際にはメモリアルコミュのようにゆっくり時間をかけて思い出したのかもしれませんね。モバマスでも、あの頃の私を受け入れるというのが明確になるのは[T.Bチアーズ]まで待つことになりますし。

あの日の私を受け止めて

 そしてこの序論のエンディングを飾ってくれるのがSSR[あの日の私を受け止めて]です。

 初期Rで触れられた「あの頃の私に会いに行く」をしっかり回収してくれるカード名。特訓前では子役/モデルのころは忙しすぎて見ることのできなかった長崎の夜景をプロデューサーさんと一緒に見にいくことができました。もうひとつの物語のラインである「青春を取り戻す」に触れつつも、あの日の私がやりたかったこと、得ることができたものを確かなものにして、アイドルとしての未来へと向かう最高のフィナーレだと思いました。

 やっぱりセリフの中にはお仕事が大好きなんだなぁって思わせてくれる描写がたくさんありました。特訓前のルームセリフ「今日も明日も、お仕事を頑張ります。みんなを笑顔にしたいから」なんかは分かりやすい例です。ちゃんと答えが自分のものになっているのが分かりますよね。

アイドルとしての私がやりたいこと

 さて、過去を振り返って現在地を確かめた泰葉ちゃんの物語は次へと向かっていきます。それが本論である「アイドルとして今なにがしたいのかを探しにいく」です。

 泰葉ちゃんが「やりたかったこと」は「誰かを笑顔にすること」でした。この目標はとても原始的な欲求である一方で、現実的な具体性に欠けます。泰葉ちゃんは誰かを笑顔にできるならば手段を問わないでしょうか、 それともなにかしらのこだわりがあるでしょうか。そこに答えは出ていませんでした。泰葉ちゃんが改めて自分自身を探しにいくというのであればこの問題は重要です。

 岡崎泰葉としての「エゴ」はどこにあるのか? 結果としてやっぱり大人の言うことを聞くだけになっていないか?

 そこに切り込んで、「今はまだ分からない」というひとつの答えを出してくれたのが、デレステのススメ!シンデレラロードのイベントコミュでした。カードとしては[秋色シェア・ハート]です。

 泰葉ちゃんがここでぶつかったのは「これからどんなアイドルになりたいですか?」という問いでした。ファンミーティングのための準備を進める中で、いろんなアイドルたちのお仕事、スタンス、そしてアイドルとしてどうなりたいかに触れていく中で、改めてこの問題を意識した泰葉ちゃん。

 服部瞳子さんの的確な手助けもあって、泰葉ちゃんはいったんの答えを出すことができました。それは「今はまだ分からない」けれど「自分自身とファンを信じている」というものでした。ここで大事なのはその答えではなくて、この問題を一度泰葉ちゃんが意識しているということです。なにがどこまで分からないのかを考えることはスタートなんですよね。

 泰葉ちゃんのこれからはすべて挑戦としてはっきりと受け取ることができます。いろんなお仕事を試していく中で、自分にあったものを見つけていけばいいから。アイドルはとっても自由で、そしてプロデューサーさんや仲間やファンのみんながいるから。これからは楽しいことしか待っていないんじゃないかって思わせてくれるんです。

次はどの夢を叶えましょう?

 デレステでのススメ!シンデレラロードのイベントコミュによって、泰葉ちゃんの指針として「アイドルとして今なにがしたいのかを探しにいく」ことが明確になりました。

 だからこそ泰葉ちゃんはわりと幅広いお仕事に挑戦してきたのかもしれません。このあたりはモバマスが詳しいです。かくし芸に挑戦したり、新体操をやってみたり、ギャルにサーカスの猛獣使いにと、その体当たり振りには驚くばかりです。

 なによりも言及したくなるのはモバマスのツアーのひとつである蒸機公演のヤスハ、[芽生えし光]でしょう。ツアーの傑作のひとつに数えられる公演のストーリーは泰葉ちゃんにとっても大きなターニングポイントであるはずです。

 ここでは改めてその素晴らしさを語ることはしません。ですが泰葉ちゃんにとって「演技」という内外問わずに彼女の武器であると思えることが大きく評価されたことは、これからに重要な意味を持つのではないかと考えられました。ですが同時にアイドルとしてなにがやりたいのかを探す彼女の旅はまだまだ終わらないのだとも考えることができます。そのことがなによりも嬉しいのです。

 泰葉ちゃんのこれまでとこれからを知ってから読む蒸機公演はまったく違った楽しみ方がありますのでオススメします!

まとめ

 これまでのことをまとめると要点はふたつです。ひとつは泰葉ちゃんの物語は「子役/モデルだったときのあの日になにがしたかったのかを確かめる」と「アイドルとして今なにがしたいのかを探しにいく」で構成されているのではないかということ。

 もうひとつは泰葉ちゃんを知るツアープランを組むのであれば、私はデレステの初期R、SSR、スシローコミュ、そして最後にモバマス/デレステのお仕事を勧めますよということです。

 全体を通して、しっとりした物語よりも、希望に満ちた物語を知ることができて私はお腹いっぱいになりました。ぜひ「やりかったこと」という軸でも泰葉ちゃんを読んでみてほしいなーと思いますし、これから泰葉ちゃんがどんなことに挑戦していくのか、最後にどんな答えを見つけるのか、とても楽しみです。

 最後にこの私の振り返りを通して岡崎泰葉ちゃんの一番好きになったセリフを貼らせてください。さて次の夢はどんなものでしょうか?